2016年09月17日

第33回 関東地区大学教育研究会@大正大学(2016/9/17)

関東地区大学教育研究会の第33回研究会が、9月17日(土)に大正大学で開催されます。会員でない方の参加も歓迎です。



第33回 関東地区大学教育研究会案内
<印刷用のPDFファイルはこちら>

日時 2016年9月17日(土)13時30分より
会場 大正大学 巣鴨校舎

参加費:1,000円 懇親会費:4,000円
(非会員の方もご参加いただけます。また大正大学の教職員・学生は、参加費無料です。)

【プログラム】

13:00〜 受付 <1号館 2階 大会議室>
13:30〜13:50 会員総会

14:00〜14:50 自由研究発表

「キャリア教育のジレンマ」
  大西 好宣 (千葉大学)

「文理融合型工業大学の境界領域の紹介を導入した教養・キャリア教育の効果」
  南澤 麿優覽 (千葉工業大学)


15:00〜17:30 シンポジウム 
キャリア教育−入口から出口までの取り組みと問題点

 平成20年12月の文部科学大臣から中央教育審議会へなされた諮問「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について」以降、平成22年の大学設置基準の改正、平成23年1月の同審議会の答申教育再生実行会議の提言有識者会議による審議のまとめの公表等、国及び経済界から高等教育機関でのキャリア教育・職業教育に対する矢継ぎ早の要請がなされてきた。その後、いわゆる文系大学不要論がメディアを通じて世間を賑わせ、本年5月30日には中央教育審議会が職業教育に特化した「専門職業大学」の創設を文部科学大臣に対して答申した。この間、各大学は試行錯誤しつつもキャリア教育に懸命に取組んできたが、長らくキャリア教育の定義が曖昧であったことなどから、大学人の間でも未だキャリア教育に対する誤解や無理解が少なくないのが現状である。
 そこで本研究会では、2つの大学の実践事例と企業サイドからの話題提供を通じ、現状のキャリア教育の課題を明らかにしてみたい。


「桜美林大学キャリア教育支援の現状と課題」
  志村 望 (桜美林大学)

「キャリア教育の「入口」をどのように形成するか
 −大正大学「学びの基礎技法A」の実践を手がかりに−」
  吉田 俊弘 (大正大学)

「大学教育におけるジェネリックスキル育成の必要性とその可視化」
  松村 直樹((株)リアセック)

 モデレーター 出光 直樹 (横浜市立大学)

18:00〜19:30 懇親会 <鴨台食堂>

【参加申込先】 上田 忠憲 (大正大学) t_ueda(アット)mail.tais.ac.jp
 なるべく9月10日(土)までに、(1)氏名 (2)所属 (3)懇親会への参加の有無を、お知らせ下さい。
 参加費1000円・懇親会費4000円は、当日会場で申し受けます。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 13:30 | TrackBack(0) | 関東地区大学教育研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

【先着順受付】秋のミニ・オープンキャンパス(10/1土)学生スタッフ募集

 横浜市立大学の学生さん向けに YCUポータルの公開お知らせ に掲載した告知ですが、スマホや携帯端末でも見やすいように、こちらにも転載します。
続きを読む
posted by N.IDEMITSU at 18:00 | TrackBack(0) | アドミッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

新テスト・記述式試験の行方<前編>

FMICS(高等教育問題研究会)の会報 『BIG EGG』2016年9月号 掲載のエッセイです。
続きを読む
posted by N.IDEMITSU at 18:02 | TrackBack(0) | FMICS巻頭言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする