2008年07月02日

閉校した大学の学生を組織的に受け入れる!?

 もう半年ほど前の事になりますが、放送大学から「放送大学 アクション・プラン 2008」というリーフレットが届きました。

 その内容は;

 T.基本理念
 U.5つのマスタープラン
 V.具体的なアクションプラン

という骨子で構成され、その具体的なアクションプランには、12の項目が記されており、その1つに以下のような項目がありました。

(3) 他大学への教育サービスの拡充
 他大学との単位互換制度を教養教育の充実のため一層推進し、同時にその実質化に努める。新設ないし既存の他大学の講義カリキュラムにおいて、人的およびその他の理由によって不足する科目群を、教養課程・専門課程・外国語等を問わず、その大学に提供し、それらの科目をとった学生を放送大学の学生としても受け入れる制度を作る。また近い将来において予想される、日本国内のいくつかの大学の経営破綻・閉校に際して、閉校した大学の学生を可能な限り本学学生として組織的に受け入れる。
(太字は引用者による)


 放送大学は、1985年に学生募集を開始した当初は、放送エリア(すなわち対応エリア)が関東地方に限られていたものの、1990年以降より関東地方以外にも学習センターを設置して対応エリアの拡大をはかり、1998年にはCS放送による全国放送を開始してます。学部は教養学部のみですが、人文・社会・自然にわたる幅広い分野を有しています。

 この点から見て、潰れた大学の学生の引き受け先として活用されるのではないかと思っておりましたが、その旨のことが放送大学の公式な文書にズバッと書かれていると、それなりに驚きであります。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 22:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 放送大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

他大の経営破綻に備える放送大学
Excerpt: マイスターです。 大学関係者ブログの中で、興味深い記述を見つけました。...
Weblog: 大学プロデューサーズ・ノート 【早稲田塾】
Tracked: 2008-07-05 09:53