2010年08月01日

放送大学のススメ<中編>

FMICS(高等教育問題研究会)の会報 『BIG EGG』2010年8月号 掲載のエッセイです。

<前編>から
放送大学のススメ<中編>

 前回ご紹介したとおり、放送大学公式サイト授業科目は、テレビまたはラジオによる放送授業が無料で視聴可能であるとともに、大学院を含めて約370もの放送授業科目のテキスト(印刷教材)は一般書籍としても市販されており、特に学生として登録しなくても、その多様でかつ優れた内容の科目を誰でも学ぶことが出来ます。

 しかし今回はあえて、学生として登録して学ぶことをおすすめしたいと思います。そのポイントは、(1)“学生”として登録し授業料を払い、科目登録、通信指導の提出、単位認定試験の受験等がスケジュール化された学年歴の中に身を置くことにより、学習が習慣化されやすいこと、(2)単位制の授業料であるため、少しずつ生涯にわたって学習する事に向いていること、の2点です。

 なお放送大学には、教養学部の他に大学院文化科学研究科の修士課程も設置されますが、学部の学籍と大学院の学籍は別のものとなり、授業料やその性格も少し異なるため、ここでは学部での学籍について説明します。

 放送大学の学生の種別には、全科履修生(入学金22,000円)、選科履修生(〃 8,000円/1年間在学)、科目履修生(〃 6,000円/半年間在学)の3種類があります。2学期制により毎年4月と10月に入学のチャンスがあり、今年の10月入学の出願期間は8月31日(火)まで。入学試験はなく、全科履修生は原則として高卒資格を有し、選科履修生と科目履修生は年度初め(4月1日)に満15歳以上であれば、誰でも入学する事が出来ます。在学に要する費用は、先に記した入学金の他に、学期毎に登録単位数に応じた授業料で、これは学生種の別なく1科目(2単位)あたり11,000円となります。

 このうち全科履修生がいわゆる正規の学生であり、所定の期間在学し単位を修得すれば卒業となり「学士(教養)」の学位が授与されます。文理にまたがる5つのコースがあり、そのうちの1つのコースに所属して卒業を目指します。

 選科履修生と科目履修生は、法令上の「科目等履修生」に該当するカテゴリーで、一定の在学期間の中で、授業科目の履修と単位取得を目指す学生種となります。なお、一度何らかの学生として入学すると、それ以降は同一の学生番号で管理され、在学が中断しても学生種が変わっても、履修の記録は一生続くようになっています。

 さて、いまさら大卒(学士)は不要という方も多いかと思いますが、制度上は卒業を目指す全科履修生であっても、1年に1科目といった少ない登録数でも構わず、長期間にわたって(最長在学年限10年、編・再入学の場合は8〜6年)、低廉なコストで“正規の学生”でいる事が可能であり、いろいろな点でおススメです。所定の単位を修得して卒業となったり、また最長在学年限を過ぎて除籍となった場合でも、あらめて入学金を払うことにより再入学が可能です。

 このよう放送大学は、いつまでも学生として無理なく学び続けられるシステムになっているのです。

<後編>へ

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | FMICS巻頭言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック