2011年04月20日

大学教育学会 第33回大会@桜美林大学

 2011年6月4日(土)〜5日(日)に桜美林大学で開催される、大学教育学会の第33回大会のプログラムが確定し、申込受付が開始されています。

 非会員の方も参加可能で、5月12日(木)までに事前申込・参加費の振り込みをすると、金額が割引になります。

 大会概要・参加申込(学会サイト)

 確定プログラム(ニュースレターNo.87)

 初日は多摩アカデミーヒルズ(京王線・小田急線多摩センター徒歩10分)、2日目は町田キャンパス(JR横浜線淵野辺駅下車スクールバス8分)と、変則的な会場配置となります。

 シンポジウムや基調講演、懇親会は初日に、ラウンドテーブルと自由研究発表は2日目に集約されて行われます。2日目午前中のラウンドテーブルは18件。午後の自由研究発表は、11の部会に分かれて計85件と、過去最高の件数を数えているようです。

 様々な研究発表を聞いて回るのが学会の楽しみの一つですが、今回も司会を担当することとなり、「高大連携・初年次教育」という部会(8件)を、名古屋大学の近田政博先生(変更) 桜美林大学の鳥井康照先生と担当します。


…ちなみに、今回は司会についての事前の打診はなく、届いたプログラムを見たら自分の名前が載ってました(驚)。 まあ理事ですし、会場校は実家(母校であり前の職場)なので、何となくそんな気はしてましたが…

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高等教育論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック