2015年05月25日

6/1(月)「教育制度論a」ゲスト講義

【5/25 事前課題を確定しました】

横浜市立大学の教職専門科目「教育制度論a」(担当:高橋寛人教授)の6月1日(月)の回にて、ゲスト講師として高大接続についてお話しすることになりました。

昨年12月の中教審答申を受けて以降議論が高まっている高校と大学の接続の課題について、諸外国の高大接続制度の比較とともに、特に国際バカロレア資格の大学入試における取り扱いの事例を用いながら、お話をしたいと思います。

受講生の皆さんには、以下の資料に目を通して来てください。もちろん内容の全てを理解出来なくても構いませんし、必要に応じてプリントアウトを用意しますので、ざっと目を通す位でかまいません。

文部科学省:高大接続システム改革会議(第1回)配付資料
★ここには盛りだくさんの資料がありますが、「資料3−1 …(平成26年12月22日中央教育審議会答申)のポイント」「参考資料1 大学入学者選抜について」の2点について目を通してください。
 「資料3-1」に、現在進められようとしている政策の基となる課題の認識が示されていますが、これが全て正しいものとして受け止めるのではなく、批判的に読むことが大切です。
 「参考資料1」は、これはこれで良くまとまっている資料ですので、まさに参考にしましょう。

N.IDEMITSU-Blog: 国際バカロレア入試<前編・中編・後編>
★私のブログエッセイ。国際バカロレア資格と入試における取り扱いについて、横浜市大の事例も含めて解説したものです。


International Baccalaureate Diploma Programme Subject Brief
History - Standard level
History - Higher level
Chemistry − Standard level
Chemistry − Higher level
★国際バカロレアの履修科目のシラバスです。全て英語なので、大変だと思いますが、特に学習内容や最終試験の内容がどんなものなのか見てください。
★参考までにIBの他の科目については、こちらのページの[Diploma Programme subject briefs]から見ることが出来ます。

IB Credit - UCLA Undergraduate Admission
★(米国)カリフォルニア大学ロサンゼルス校のWEBサイトから、国際バカロレアの科目で一定の成績を修めた入学者には、大学の単位を認定すると記しています。

Entry requirements - Japan | University of Bath
★(英国)バス大学のWEBサイトから、日本からの受験生に向けた入学資格を説明しているページです。

以上になりますが、何か事前に質問があれば、idemitsu(アット)yokohama-cu.ac.jp までどうぞ。

アドミッションズセンター 出光 直樹

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 高等教育論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック