2010年09月24日

大学教育学会の2010年度課題研究集会(11/27〜28)

 大学教育学会の2010年度課題研究集会が、11月27日(土)〜28日(日)に、武庫川女子大学(中央キャンパス)で開催されます。

 「キャリア形成における大学教育−ライフサイクルの視点から−」を統一テーマに、各種のシンポジウムが開催されます。

 プログラムや申込方法の詳細は、大学教育学会の公式サイトをご覧下さい。非会員の方も参加可能で、10月25日(月)までに申込をし、11月5日(金)まで入金すると、参加費・懇親会費が割引になります。

 また学生の方に関しては、会員・非会員や事前・当日申込の区別無く、参加費1000円、懇親会費2000円と、大幅に割引になっていますので、奮ってご参加下さい。(準備の都合上、なるべく事前の申込にご協力下さい)

 特別プログラムとして、甲子園会館(旧甲子園ホテル:1930年竣工の歴史的建造物)や建築スタジオをめぐる上甲子園キャンパスの見学ツアーが、1日目の夕方に行われます。事前申込の先着60名です。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 高等教育論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

大学職員.NETWORK へのお誘い

u-staff-sns.png

大学職員.NETWORK」という大学職員限定のSNSがあります。

大学職員.net -Blog/News-」も開設されている“とある大学職員”さんが、2005年10月20日より本格的に運用されており、本年4月23日の段階で1200名の方が登録されています。 SNSの運用に関する記事の一覧はこちら

OpenPNE という、日記やコミュニティなどの基本的な使い勝手は mixi と似ているシステムを使っています。

登録者数が1200名を超えているとは言え、メンバーが大学職員に限定されていることもあり、日々の思いを綴った赤裸々な内容の日記が多く見られます。もちろん、様々なテーマのコミュニティーも作られていますが、どちらかというと日記を通じてパーソナルなネットワークが広がっているのが特徴かと思います。

メンバーから招待制のSNSであり、利用資格は大学職員(広い意味での事務系)に限定されますが、ご希望の方には私から招待状(メール)をお送りします。

私と面識のある方は、参加を希望する旨と 大学から支給された ac.jp のメールアドレスを、naoki(アット)idemitu.info までお知らせ下さい。面識の無い方の場合は、簡単なプロフィールも併せてお知らせ下さい。私のプロフィールはこちら

メールアドレスがログインIDとなり、登録時は職場メール( ac.jp 等)である必要がありますが、登録後は任意のアドレスに変更可能です。

なお規約により、本名と勤務先名は必ず登録して下さい。登録情報の公開レベルは任意に設定できますが、招待した私が認識出来るよう「非公開」ではなく、「マイフレンドまで公開」と設定するようにして下さい。


【大学職員.NETWORKを紹介しているブログ】

公開間近「大学職員.network」は素晴らしい!
- 大学プロデューサーズ・ノート


大学職員のSNS『大学職員.network』運用開始
- @ひろの雑記帳


大学職員、変革の時代
- NAKAHARA-LAB.NET 東京大学 中原淳研究室


vol181:SNSとeラーニング
- Sanno eラーニングかもしれないBlog


これから大学職員になる人のためのまとめ
- Clear Consideration(大学職員の教育分析)


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 高等教育論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

公立大学職員セミナー(8/26〜27)

 公立大学協会主催の「公立大学職員セミナー」が、8月26日(木)〜27日(金)国立オリンピック記念青少年総合センターで開催されます。

 4月24日(土)に開催した「公立大学職員のネットワークづくりに関する勉強会」にて持ち上がった構想がカタチになりました。全国各地から89名もの公立大学職員が集い、以下のプログラムで交流を深める予定です。

 私はグループセッションのファシリテーターの一人として参加しますが、残念ながら本務の都合で1日目のみの参加となります。


■■■8月26日(木)■■■

講演@「公立大学の歴史と課題」
  矢野 裕俊 (大阪市立大学 教授)

グループセッション@ 「自己紹介と課題共有」

事例紹介

@大学職員の役割とその魅力 −自治体派遣職員と法人採用職員の間から−
  関屋 一博 (岩手県立大学 教務グループ主査)

A公立大学に求められること −私大職員からプロパー職員へ−
  上田 理子 (札幌市立大学 地域連携課長)

B公立大学職員への期待
  中田 晃 (公立大学協会 事務局長)

グループセッションA 「私たちの目指す公立大学職員像 パートT」

発表

情報交換会(名刺交換、情報共有)


■■■8月27日(金)■■■

講演A「地域の中の大学」
  川野 祐二 (下関市立大学 准教授)

グループセッションB 「私たちの目指す公立大学職員像 パートU」

ファシリテーターによる振り返り

全体総括
  森 正夫 (公立大学協会 SD研修企画作業部会主査・相談役)


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 高等教育論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

大学とは何か:2010年秋の桜美林大学オープンカレッジ教養・文化講座

 春の講座に引き続き、桜美林大学オープンカレッジの教養文化講座「大学とは何か」が、同大学のプラネット淵野辺キャンパス(PFC)を会場に開講されます。

 今回は、野坂尊子先生寺崎昌男先生による下記のプログラムです。

 10月16日(土) 女子高等教育について考える1
 11月 6日(土) FD・SDについて考える1
 11月13日(土) FD・SDについて考える2
 11月20日(土) 女子高等教育について考える2
 12月11日(土) FD・SDについて考える3
 (時間はすべて 14:40〜16:10)


<定員20名 申込締切9月11日(土) >

 講座案内には明記されていませんが、おそらく「女子高等教育…」が野坂先生、「FD・SD…」が寺崎先生の担当と思われます。

 私自身は残念ながら入試等の業務が重なるため、今期も受講見送りの方向です。

   

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 高等教育論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

プロとしての大学職員

 IDE大学協会の会誌『IDE現代の高等教育』2010年8-9月号(No.523)の特集は、“プロとしての大学職員”。以下の10本の論考が掲載されています。

 大学職員のプロフェッショナル化に向けて (加藤 毅)
 大学職員への期待 (柴田 洋三郎)
 変化する国立大学の事務組織 (上杉 道世)
 大学職員の能力開発 (山本 清)
 大学の事務組織と職員 (大工原 孝)
 「行動シナリオ」と職員養成の課題・東京大学 (鈴木 敏之)
 「教職協働」を担う職員の育成・早稲田大学 (谷口 邦生)
 国立大学の職員育成・兵庫教育大学を事例に (川本 幸彦)
 職員の将来像と育成の課題・職員調査から (両角 亜希子)
 高等教育マネジメントのMBA(経営修士) (デビッド・ワトソン)

 この『IDE現代の高等教育』誌は、協会の会員に定期配本されるほか、非会員の方も個別に購入することが可能です。


★また来る9月18日(土) 13:00〜16:00 には、この特集テーマによる「IDE誌を深める会」が桜美林大学の四ッ谷キャンパスで開催され、執筆者による講演とディスカッションが行われます。

 <詳細はこちら>

 定員80名の申込先着順。IDEの個人会員と桜美林大学関係者は無料、一般の方の参加費は1,000円です。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 高等教育論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

日本リメディアル教育学会と初年次教育学会(2010年)

 8月末から9月にかけて、日本リメディアル教育学会初年次教育学会の大会が開催されます。

 どちらも、非会員の方でも大会に参加可能です。それぞれの参加要領に従ってお申し込み下さい。



日本リメディアル教育学会 第6回全国大会

8月30日(月)〜31日(火) 湘南工科大学 【大会サイトはこちら

 大会参加費: 会員2,000円 非会員3,000円
 懇親会費: 両者とも3,000円(8月10日迄振込) 4,000円(以降当日払い)

*参加申込と振込の詳細は大会サイトを参照して下さい。

*8月29日(日)の午後から夜にかけて、「日本語コミュニケーション能力育成講座」をテーマとした研究会と懇親会からなる“前夜祭”も開催されます。前夜祭の参加締切は7月31日(土)で、申込方法・参加費振込も別になりますので、こちらのページをご覧下さい。




初年次教育学会 第3回大会

9月11日(土)〜12日(日) 高千穂大学 【大会サイトはこちら

 大会参加費: 会員4,000円 非会員5,000円 学生一律2,000円
 懇親会費: 会員・非会員とも5,000円 学生一律3,000円

<7/25追記>
 会員宛にプログラムが送付されましたので、大会サイトにもまもなく掲載されると思います。会員(個人・機関)の場合、8月13日(金)までに郵便振替により事前申込&入金をすると、9月12日(日)の昼食(お弁当)が無料になります。
 この学会(大会)の特徴として、ワークショップやラウンドテーブルなどの多彩な企画セッションが行われます。大会のスムースな準備や運営のため、非会員の方も、なるべく事前の申し込みをお願いします。

<8/21追記>
 9月11日(土)の自由研究発表T(16:20〜18:40)「部会1E オリエンテーション」にて、中央大学の横田利久さんと司会を担当することになりました。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 高等教育論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

日本高等教育学会と大学教育学会(2010年)

 今年も5月末から6月の初めにかけて、日本高等教育学会と大学教育学会の大会が開催されます。

 どちらも、非会員の方でも大会に参加可能です。当日の申込も可能ではありますが、5月7日(金)までに参加費等を払い込むと、金額の割引やお弁当の無料サービスなどの特典が受けられます。続きを読む
posted by N.IDEMITSU at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 高等教育論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

4/24(土) 公立大学職員のネットワークづくりに関する勉強会

 公立大学職員のネットワークづくりを目的とした勉強会のご案内です。

日時: 2010年4月24日(土) 14:00〜17:00 + 懇親会

会場: 公立大学協会 会議室

話題提供: 国際教養大学 学生課長 吉崎 誠 氏


 ご参加希望の方は、出光直樹(横浜市立大学) naoki(アット)idemitsu.info 宛、お名前・ご所属と、懇親会への参加の有無を、4/22(木)までにお知らせ下さい。

 勉強会は無料。懇親会(近隣のレストランを予定)は実費です。続きを読む
posted by N.IDEMITSU at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 高等教育論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

大学とは何か:2010年春の桜美林大学オープンカレッジ教養・文化講座

 昨年秋の講座に引き続き、桜美林大学オープンカレッジの教養文化講座「大学とは何か」が、同大学のプラネット淵野辺キャンパス(PFC)を会場に開講されます。

 今回は、潮木守一先生(Aコース)と寺崎昌男先生(Bコース)による下記の2コースです。

< 定員各20名 申込締切4月16日(金) >

●Aコース 潮木守一(名古屋大学名誉教授、桜美林大学名誉教授)
 テーマ:西欧の初等・中等教育と高等教育への接続と教員制度について
 5月11日、6月8日、6月22日、7月6日、7月13日
 (火曜日5回、講義時間19:00〜20:30)

●Bコース 寺崎昌男(東京大学名誉教授、桜美林大学名誉教授、立教学院本部調査役)
 テーマ:日本の初等・中等教育と高等教育への接続と教員制度について
 5月8日、22日、6月12日、26日、7月10日
 (土曜日5回、講義時間14:40〜16:10)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 高等教育論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

レポート剽窃問題を考える

20100202.png

大学生のレポート・論文作成にかかわる不正行為(剽窃、コピー・ペースト)の問題を考えるシンポジウムが、2月2日(火)に一橋大学で開催されます。

開催案内はこちら

一橋大学のFDの一環として大学関係者を対象にしていますが、他大学からも参加申し込みが出来るようです。お問い合わせは、一橋大学 大学教育研究開発センターまで。


しかし残念ながら私は、入試の出願受付期間中のため参加出来ません。


【参考リンク】

ANK.net blog: コピペルナー

大学生ピンチ? コピパ判定ソフト「コピペルナー」
- Ameba News 2009年12月15日


コピペルナー:リポート、論文の“コピペ”を一括判断 金沢工大教授が開発
− 毎日jp(毎日新聞) 2010年1月7日



【追記】

 コピペルナーを題材にした公開講座が、金沢工業大学の虎ノ門大学院で開催されます。
知的創造システム専攻 公開講座
日程:2010年2月6日(土)14:00〜15:30 
テーマ 「『コピペルナー』で考える知的財産入門」 講師:杉光 一成
http://www.kanazawa-it.ac.jp/tokyo/ip/seminar.htm


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高等教育論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする