2009年12月15日

地方公立高校の大学受験指導を目的とした専攻科・補習科に関する朝日新聞の特集記事

「公立高校専攻科・補習科からみた〈地方からの大学進学〉」
http://n-idemitsu.269g.net/article/13799611.html

 今年の年頭の↑記事にて、鳥取県の公立高等学校に設置された、大学受験指導を目的とした“専攻科”に注目した研究論文を紹介しましたが、この度、朝日新聞が、こうした地方公立高校の補習科・専攻科について取り上げた特集記事を掲載しました。
(印刷版:12月13日教育面 ネット版:12月14日)

「きょういく特報部2009
 高校補習科、存廃に揺れる 浪人中の卒業生に受験指導」
http://www.asahi.com/edu/tokuho/TKY200912140034.html

 鳥取県だけでなく、岡山、島根、香川、宮崎各県の事例も取り上げて、多くの関係者への取材をもとに、存廃論議に揺れる補習科・専攻科の問題に迫っています。

 しかし、補習科と専攻科の制度上の位置づけについての記述の仕方が、少々正確さを欠いています。

 例えば;

補習科については、制度を定めた法律はない。それぞれが独自に設置しており、昭和30年代に各地で動きが出たとされる。地方の高校生が大学受験に失敗すると、都会の予備校へ行くにはお金がかかる。かといって独学の「宅浪」もしんどい。そこで、「卒業後も母校が面倒を見よう」ということになったようだ。現在は岡山、鳥取、島根、香川、宮崎の各県にあり、鳥取だけは「専攻科」の名称で県が運営している。

との部分を見ると、「専攻科」が補習科と同様に法令の根拠がないもので、単に名称の違いでしかないかのようです。

 ここで取りあげられている補習科と専攻科はともに大学受験指導を目的としたもので、その社会的な機能は同じではありますが、補習科と違って専攻科は法令に定めのある制度ですので、特集記事としては少々説明不足な感じです。

 また、緻密な研究論文を発表された平木耕平さんへの取材が無いようなのも、ちょっと残念ですね。


【追記:このトピックスに言及しているブログ記事】
「高校の補習科について」 高校社会科教師のつぶやき
http://blog.livedoor.jp/man_ji/archives/cat_50041960.html


【2010/8/28追記】
新教育の森:高校で浪人生指導、県費使用不公平? 鳥取県議会で批判、存続の危機 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/life/edu/news/20100828ddm013100138000c.html

【2010/10/9追記】
高校専攻科:鳥取「公立予備校」廃止 全国唯一の浪人生指導、陳情むなし県議会可決 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/kansai/news/20101009ddn012010068000c.html

【2010/10/23追記】
記者ノート:「専攻科」の廃止 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/life/edu/news/20101023ddm013070139000c.html

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 00:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 高等教育論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

大学教育学会 2009年度課題研究集会

 大学教育学会の2009年度課題研究集会が、11月28日(土)・29日(日)の2日間、大阪(御堂会館&大阪市立大学)で開催されます。

 会員に限らずどなたでも参加出来ます。10月28日(水)までに事前参加登録をして、11月4日(水)までに参加費を払い込むと、参加費・懇親会費が割引になります。
【追記】事前参加登録&払込の期限が11月11日(水)までに延長されました!

 学生の方は、当日払いでも参加費1000円、懇親会費2000円と大幅にディスカウントされていますので、大学教育に関心のある方は是非ご参加下さい。


【統一テーマ】 学士課程における教養教育再考

第1日: 11月28日(土) 御堂会館

 12:00 受付開始
 13:00〜13:30 開会行事
 13:30〜14:30 【特別講演(学会創立30周年記念)】
   「教育への問いかけ」
 14:30〜14:50 休憩
 14:50〜17:50 【シンポジウムT】
   「学士課程における教養教育のあり方」
 18:00〜20:00 懇親会

第2日: 11月29日(日) 大阪市立大学 杉本キャンパス

  9:00 受付開始
  9:30〜12:00 【シンポジウムU】
   「『学士課程教育』はどうあるべきなのか?」
 12:00〜13:00 昼食休憩
 13:00〜15:30 【シンポジウムV】
   「『大学人』能力開発―学生を視野に入れて考える―」
 15:30 閉会行事

■大会プログラムの詳細・参加申込はこちら■
 http://www.ec-knt.jp/daigaku/

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 23:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 高等教育論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

小冊子「大学の実力2009」

daigaku2009.PNG

 読売新聞が昨年に引き続き実施した全国調査、「大学の実力2009 教育力向上の取り組み」の小冊子が完成し、希望者に送料のみ負担で頒布されます。

 読売新聞のサイト「もらいタイ!」から、申し込みむ事ができます。

 小冊子「読売新聞全国調査 大学の実力2009 教育力向上への取り組み」(A4判、36ページ)。

 昨年に引き続き、全国の大学へアンケート調査を実施。09年7月に掲載した特集は、大きな反響を呼んでいます。今回は「学生支援」に関する質問を多く盛り込み、学習面、生活面、精神面の三つの角度から各大学の実情を問いかけており、進路指導にも役に立つ内容です。



にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高等教育論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

大学とは何か:2009年秋の桜美林大学オープンカレッジ教養・文化講座

 春の講座に引き続き、桜美林大学オープンカレッジの教養文化講座「大学とは何か」が、同大学のプラネット淵野辺キャンパス(PFC)を会場に開講されます。

 今回は、潮木守一先生(Aコース)と野坂尊子先生寺崎昌男先生(Bコース)による下記の2コースです。

< 開講時間19:00〜20:30 定員各20名 申込締切9月19日(土) >

●Aコース 潮木守一(桜美林大学招聘教授)
 
 10月 6日(火) 東南アジアの高等・中等・初等教育事情について1
 10月20日(火) 東南アジアの高等・中等・初等教育事情について2
 11月10日(火) 東南アジアの高等・中等・初等教育事情について3
 11月24日(火) 東南アジアの高等・中等・初等教育事情について4
 12月 8日(火) 東南アジアの高等・中等・初等教育事情について5

●Bコース 野坂尊子(桜美林大学専任講師)
      寺崎昌男(立教学院本部調査役)

 10月13日(火) 日本の高等・中等・初等教育事情について1
 10月27日(火) 日本の高等・中等・初等教育事情について2
 11月17日(火) 日本の高等・中等・初等教育事情について3
 12月 1日(火) 日本の高等・中等・初等教育事情について4
 12月15日(火) 日本の高等・中等・初等教育事情について5



にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 高等教育論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

読売新聞が「大学の実力」調査で学生委員を募集?

 読売新聞が、昨年7月20日、21日と2日間にわたって紙上に結果を公表して大きな反響をよんだ「大学の実力―教育力向上の取り組み」調査。

「大学の実力」初調査…一覧で見る学習支援策、退学率
YOMIURI ONLINE(読売新聞)



 今年の調査に際しては、調査内容を検討する学生委員を募集するようです。

 5月17日現在、読売新聞の公式サイトには、募集の告知を確認する事が出来ませんが、既に読売新聞の担当者から関係者には募集の依頼がされているようで、以下のサイトでその内容が確認できます。

 大学の授業を変える会 会長の日記

 広島大学 学生情報の森

 募集するのは大学2年〜4年生を若干名。活動期間は、2009年10月〜2010年4月ごろで、読売新聞東京本社で検討会議を数回開く予定。応募者には以下のような課題が与えられ、締切は8月31日とのこと。

課題
(1)後輩の高校生たちに「大学選び」のために、どのようなアドバイスをしたいとお考えですか。ポイントを3点挙げ、その理由を500字以内でお書き下さい。

(2)あなたは日本の大学の現状と課題をどのようにお考えですか。@A両方を読み、1000字以内で論じてください。記載は市販の原稿用紙にお願いします。 

@学士課程教育の構築に向けて(中央教育審議会答申)
文部科学省ホームページからダウンロードできます) 

A「アメリカの大学・カレッジ」(E.L.ボイヤー著、玉川大学出版部)
 


 …なかなか歯ごたえのある課題です。


 昨年の調査結果については、読売新聞のサイト「もらいタイ!」を通じて、記事を採録した小冊子を送料負担のみで送ってもらう事が可能です。

 概要については、検討委員会に加わった、船橋正美氏(日本能率協会学校経営支援センター長)のコラムで見ることが出来ます。また、日本能率協会のサーバーには、調査協力依頼文も掲載されています。


【前回調査に言及したブログ記事】

つよしのぶろぐ
 大学の実力調査by読売(2008-05-22)


大学を考える
 日本の大学は卒業しにくくなっている?について考える(2009-07-19)


熱き専門学校理事長の仕事
 「大学の実力 教育力向上への取り組み」調査(2008-07-20)


大学、改革してみませんか
 読売新聞「大学の実力」(2008-07-25)


芦田の毎日
 讀賣新聞が7月20日の朝刊で発表した『大学の実力 ― 教育力向上への取り組み調査』 ― 私はこう思う(第一回)(2008-07-27)


ひとりのりつっこみ日記
 「大学の実力」の反響に考える(2008-08-08)


ファカルティ・ディベロッパー日記
 「大学の実力」が発表されます!(2008-07-12)

 読売新聞「大学の実力」の反響 (2008-10-05)


akamac book review
 107読売新聞<大学の実力――「教育力向上への取り組み」調査――>(2008-07-21)

 174タイになったぞ,読売新聞<大学の実力――「教育力向上への取り組み」調査――>(2008-12-22)


大学プロデューサーズ・ノート
 読売調査「大学の実力」(1):大学の教育方針を知るには、卒業率や退学率の数字が必要(2008-07-21)

 読売調査「大学の実力」(2):今後は自主的な情報公開が望まれる(2008-07-22)

 読売調査「大学の実力」(3):報道の後、大学内で何が起きたか?(2008-08-07)


頑張れ最高学府! 大学ウォッチャーズ日記
 大いに注目! 20・21日の読売新聞の記事(大学調査)(2009-07-10)

 数字で証明された「卒業が楽な京大」(読売新聞調査より@)(2008-07-26)

 有名私学の4年卒業率、退学率を比較してみると…(読売新聞調査よりA)(2008-07-27)

 「リメディアルも初年次教育も必要なし」は古い!(読売新聞調査よりB)(2008-07-29)


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 高等教育論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

多摩大学 寺島実郎 新学長講演会&シンポジウム

 多摩大学が創立20周年を記念して、今年の4月に第5代学長に就任した寺島実郎氏の講演会、および歴代学長によるシンポジウムを開催します。

http://www.tama.ac.jp/info/20thSymposium.html

 ■日程: 6月17日(水) 15:00〜17:45
 ■会場: グランドプリンスホテル赤坂
 ■定員: 700名 ※要事前予約
 ■参加費: 無料
 ■申込締切: 6月5日(金)

寺島氏の講演会のテーマは「世界の構造転換と日本−そして大学の進路」

「現代の志塾・多摩大学の挑戦」と題したパネルディスカッションのパネリストは;

 初代学長の野田一夫氏 http://www.nodakazuo.com/

 第三代学長のグレゴリー・クラーク氏 http://www.gregoryclark.net/

 第五代学長の寺島実郎氏 http://www.tama.ac.jp/terashima

そしてコーディネーターには;

 学長室長・教授の久恒啓一氏 http://www.hisatune.net/

と、何とも贅沢なイベントです。


それから、多摩大学のトップページにも注目です。
 http://www.tama.ac.jp/

久恒氏が提唱してきた図解が、ついに大学のトップページに登場です。

  「現代の志塾・多摩大学」のホームページが本日オープン!
  - 久恒啓一の「今日も生涯の一日なり」 - 楽天ブログ(Blog)
  http://plaza.rakuten.co.jp/hisatune/diary/200904270000/


【追記】

 多摩大学の図解トップページについて、いくつかのブログでも取り上げられています。

多摩大学 ホームページがリニューアル
- 大学職員.net -Blog/News-
http://blog.university-staff.net/archives/2009/04/post-1859.html

多摩大学の 「図解トップページ」がすごい
(大学プロデューサーズ・ノート 【早稲田塾】)
http://www.wasedajuku.com/wasemaga/unipro-note/2009/04/post_402.html

多摩大学Webサイトに見る新しい大学トップページのあり方
- Clear Consideration(大学職員の教育分析)
http://d.hatena.ne.jp/high190/20090430/p1

多摩大学
- kiyoheroの教育日記 - HUG教育部会
http://hugkyoiku.g.hatena.ne.jp/kiyohero/20090428/1240903941


【追記2】シンポジウムの様子についての記事

創立20周年記念講演会&シンポ−−大盛況
- 久恒啓一の「今日も生涯の一日なり」
http://d.hatena.ne.jp/k-hisatune/20090617

感銘を受けた最近の三つの講演、そして、わがストレス!
- 樋口裕一の筆不精作家のブログ
http://yuichi-higuchi.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-0c7d.html

「多摩大学創立20周年記念 寺島実郎 新学長講演会&シンポジウム」開催
- 多摩大学学長室ブログ
http://tamauniv.typepad.jp/president/2009/06/20-3d71.html

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 13:25| Comment(0) | TrackBack(2) | 高等教育論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

あなたは勉強したくなる - 大人のためのリベラルアーツ入門

以前のエントリーで紹介した山内太地さんの著書:『下流大学に入ろう! 一流大学より未来が開ける』。




先週の土曜日に開催されたFMICSの月例会に、山内さんをお招きしてお話しを伺いました。

この著作を記すにあたって、山内さんが本来つけたかったのが、このタイトル。

『あなたは勉強したくなる
 大人のためのリベラルアーツ入門』


なるほど、冒頭にICU=国際基督教大学(一般的に“下流大学”とは見なされない)が取り上げられている理由がよくわかりました。

『下流大学が日本を滅ぼす!』(三浦展著)のそこそこのヒットに刺激された光文社ペーパーバックス編集部のこだわりにより、不本意ながら(毒を飲む思いで)“下流大学”を含む今のタイトルにて出したとの事。

しかし、目先の売り上げ狙いのために、山内さんの真摯な主張が大きく誤解されかねない形でタイトルがつけられたことは、やはり残念に思います。

三浦氏が用いた“下流大学”があまりにも杜撰で、ある意味猛毒な言葉であり、その毒にやられてしまったという感じでしょうか。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 23:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 高等教育論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

大学教育とキャリア支援 −FD・SDのための基礎知識−

 上智大学の生涯学習講座(コミュニティーカレッジ)でも、大学教育をテーマとした講座が開講するようです。

「大学教育とキャリア支援 −FD・SDのための基礎知識−」
 コーディネータ: 武内 清(上智大学総合人間科学部教授)
 http://www.sophia.ac.jp/J/ext.nsf/Content/kyoujitsu0125

【講師】
鈴木 守  上智大学文学部教授
平尾 桂子  上智大学文学部教授
杉村 美紀  上智大学総合人間科学部准教授
小林 雅之  東京大学大学総合研究センター教授
岩田 弘三  武蔵野大学現代社会学部准教授
藤村 正之  上智大学総合人間科学部教授
足立 寛  立教大学総長室調査役
鈴木 美伸  (株)ステージ41 代表取締役
石山 恒貴  バイオ・ラッド・ラボラトリーズ(株) 人事・総務部長

今、大学教育や学生支援は大きな転換期を迎えています。入試が多様化し、大学進学率が上昇する中で、多様な学生が入学し、学生の勉学、自立、キャリア選択が困難に直面しています。本講座は、大学教育と学生支援・キャリア支援について、学生のキャンパスライフの実態から迫ります。教育社会学、社会学、国際教育、大学経営の専門家、そしてキャリアカウンセラーらの輪講と討論で、参加者の方々と大学教育・学生支援の在り方を考えます。大学教員のFD、大学職員のSD、高等教育研究、学生の自己啓発にも役立つ内容にしたいと思います。企業の方、一般の方の参加も歓迎します。テキストに講師らが執筆した本(『学生とキャンパスライフ』2005年)を使用しますが、さらに新しい視点や最新のデータをまじえ講義し、これからの大学のあり方、学生支援の在り方を議論します。

4月14日 イントロダクション (武内)
4月21日 スポーツと学生支援 (鈴木)
4月28日 青年期と大学教育、キャリア理解 (藤村)
5月12日 キャリア教育を支える組織とカリキュラム (足立)
5月19日 学生への経済支援 (小林)
5月26日 女子学生のライフコースの理想と現実 (平尾)
6月 9日 国際交流と学生支援 (杉村)
6月16日 学生文化の歴史と学生支援 (岩田)
6月23日 大学と企業を結ぶキャリア支援 (鈴木)
7月 7日 企業から見た大学教育とキャリア支援 (石山)
7月14日 まとめ (武内)



 4月14日(火)から全11回のオムニバス講座。武内先生らしい、学生支援に焦点を当てた内容です。ただ全11回というのが、現職の教職員にはちょっと受講のハードルが高いですね。桜美林大学オープンカレッジの「大学とは何か」のように、4〜5回程度だと良いのですが。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 高等教育論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

大学とは何か:2009年春の桜美林大学オープンカレッジ教養・文化講座

 昨秋の講座に引き続き、桜美林大学オープンカレッジの教養文化講座「大学とは何か」が、同大学のプラネット淵野辺キャンパス(PFC)を会場に開講されます。

 今回は、寺崎昌男先生(Aコース)と馬越徹先生(Bコース)による下記の2コースです。

<開講時間19:00〜20:30 定員各20名 申込締切4月25日(土)>

●Aコース 寺崎昌男(立教学院本部 調査役)

 5月12日(火) 教育改革について(明治期1)
 5月26日(火) 教育改革について(明治期2)
 6月 9日(火) 教育改革について(大正期)
 6月23日(火) 教育改革について(昭和期)
 7月 7日(火) 教育改革について(平成期)


●Bコース 馬越徹(桜美林大学大学院大学アドミニストレーション研究科教授)

 5月19日(火) 教育改革について(韓国)
 6月 2日(火) 教育改革について(中国)
 6月16日(火) 教育改革について(マレーシア)
 6月30日(火) 教育改革について(フィリピン)
 7月14日(火) 教育改革について(タイ)


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 高等教育論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

公立高校専攻科・補習科からみた〈地方からの大学進学〉

 昨年末に届けられた、日本教育社会学会の機関誌『教育社会学研究』第83集(2008年12月15日)に、興味深い論文が収録されていました。

平木 耕平 (東京大学大学院)
「公立高校専攻科・補習科からみた〈地方からの大学進学〉
 −鳥取県を中心とした政治社会学的考察−」


 鳥取県の公立高等学校(鳥取東、倉吉東、米子東の3高校)に、いわば公営の大学受験予備校として設置された専攻科に注目し、その設置(1960年前後)の経緯から現在の存廃論議を分析した論文です。続きを読む
posted by N.IDEMITSU at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高等教育論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする