2007年04月21日

鎌田 遵 『ぼくはアメリカを学んだ』 岩波ジュニア新書



 17歳(高校3年)の夏の中国からポルトガルに至るユーラシア大陸一人旅。つづいてアメリカに渡ってからの留学生活は、先住民やヒスパニック系移民の人々の中に入っての体当たりの日々。岩波“ジュニア”新書のイメージを超える、ぶっ飛んだ内容の一冊。続きを読む
posted by N.IDEMITSU at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

オリコンがジャーナリストの発言に対して巨額の賠償請求訴訟

●バランスの取れた報道としてはこの記事↓でしょうか。

 「名誉棄損:オリコン ジャーナリストに5千万円賠償提訴」
 毎日新聞(最終更新時間 12月25日 11時04分)



●訴えられたジャーナリストの烏賀陽弘道さんのサイト

 UGAYA Journal


●烏賀陽弘道さんの発言を掲載した月刊誌『サイゾー』編集長のコメント

 (株)オリコンによる、ジャーナリスト・烏賀陽弘道氏への「損害賠償請求事件」提訴について


●訴えたオリコンのコメント

 「ライター烏賀陽弘道氏への提訴」について

 ↑このページにはトラックバック機能があるのですが、トラックバック元の記事は、どれもオリコンの提訴に対して疑問を呈するものばかりです。なおその中でも、アーティスト・ブランディング アナリスト 井上秀二 さんの記事は秀逸です。

 「♪よ〜く考えよぉ〜 ブランド大事だよ〜」 12月20日

 「社会的存在としての企業」 12月23日


●また、オリコンのサイトには登録ユーザーによるブログ機能があるのですが、「烏賀陽」でサイト内検索をすると、この件に関するブログ記事がヒットします。見てみると、やはり多くの方々は(抑制的なれど)やはりオリコンの対応に“?”の意思表示をされているようです。


●どうもオリコンの方が、既に5000万円以上の火傷を負ってしまっているように思います。


【1/8追記】
 渦中の烏賀陽氏その他のゲストによるトークセッション、「オリコンの訴訟テロによる批判封じについて」が、 新宿ロフトプラスワン(トークのライブハウス)にて開催されることになりました。

 1月13日(土) Open 13:00 / Start 14:00 ¥1000(飲食代別)


【1/14追記】
 企業という組織からの提訴により、時間的・経済的・心理的負担の面で、圧倒的に不利な状況に追い込まれてしまう“個人”。
 今回の烏賀陽氏の訴訟費用を、経済的な側面から支援する活動のためのブログが開設されました。

 オリコン個人提訴事件を憂慮し、烏賀陽弘道氏を支援するカンパ活動


【6/23追記】
 やはりと言うか、オリコンの株価は下がってますねぇ。危ない火遊びで大火傷?

dfe.jpg
posted by N.IDEMITSU at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

賛美歌111番 Adeste Fideles (神の御子は今宵しも)

Offertorium: Adeste fideles
Arranged by Domenico Bartolucci
Time: 3:16 - 3.860 Mb

Polyphonic Choir of Pontifical Institute of Sacred Music; Walter Marzilli, director.

 クリスマスソングとしては定番のもので、街中でもBGMとしてよく流れてますが、カトリック教会の総本山、バチカンによって設立された Pontifical Institute of Sacred Music がネット上で提供している↑は、なかなか癒されます。
posted by N.IDEMITSU at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

連続自動運転可能な除湿機

ダイキン工業 「ルームドライヤー」 JTK10BS-W
希望小売価格 52,500円(税抜50,000円)

メーカーの製品情報

ECナビ

【価格.com】
posted by N.IDEMITSU at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

ほにゃららと言えば

「ほにゃららと言えば」
http://gz5432.husuma.com/

 個人の方が趣味で作っているサイト。

 ネットに公開されている文章の言語構造を分析し、連想・関連している語句のランキングを(Yahooのデータと、日本語係り受け解析ツールをつかって機械的に)表示しているものです。

にほんブログ村 教育ブログへ
posted by N.IDEMITSU at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

活水器でお肌しっとり

アクアトミー
http://www.aquatommy.com/aqua.html

という、水道配管の元の所に設置して、家中の全ての水道に効果がおよぶ活水器というものを利用しています。続きを読む
posted by N.IDEMITSU at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

うつ病に関するメモ

「うつ病を知ろう」(ブログ)うつ病全快!!

  

にほんブログ村 教育ブログへ
posted by N.IDEMITSU at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

ウェッブ文化圏:リンクとトラックバックの文化

 松永英明さんが、“ウェブ文化圏”という視点で、ネット(社会)におけるリンクとトラックバックのあり様について、見事に整理しています。素敵!


 この分類に従うと私は;

 ☆リンクに関しては「リンフリー文化圏」
 ☆ネガティブリンクに関しては ?
 ☆トラックバックに関しては「言及リンク文化圏」

の住民であり、総体ではウェッブ原住民傾向の人間のようです。

 なお、トラックバックにおける「関連仲間文化圏」の論理にも、それなりに共感するところがあります。

 mixiのようなSNSの場合には、また違った文化があるので、今後の分析が楽しみですが、傾向が見えてくるまでは、もう少し時間がかかりそうですね。

(1/11追記) mixiに関する社会情報学的調査が行われていました。 
【社会情報学フェア2005】mixi公式データを学術的に研究する初の試みが京都大学で開催 (Broadband Watch 2005/09/12)

にほんブログ村 教育ブログへ
posted by N.IDEMITSU at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

2005年11月26日

横市大生協の青木さん!?

わが横浜市立大学生協の一言カードにも、ついに「生協の白石さん」風のやり取りが登場しました。(ちょいとボケててスミマセン)
200511ycu-coop.jpg

Q.恋人ができません!

どうすればいいですか。(マー坊)



A.「生協の白石さん」ひとこと(75)または(38)が

有効ではないでしょうか?(買って読んでくださいね)

読んでもできなかった場合のみ、

返金承ります。(青木)


<ご本家、がんばれ生協の白石さん! 風に記してみました・・・>

カードの回収日が11/15で、翌日には回答・掲示されています。
本の販促に結び付けているところが、回答者の青木さん、ナイスです。

前記事:「生協の白石さん」 出版&表彰される(10/28)

にほんブログ村 教育ブログへ
posted by N.IDEMITSU at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする