2012年06月19日

<予告・発表者募集>関東地区大学教育研究会(2012/9/29)

 関東地区大学教育研究会(大学教育学会関東支部)の第29回研究会が、9月29日(土)に一橋大学で開催されます。現在、自由研究の発表者を募集しています。



シンポジウム 大学教育と「ボランティア活動」
第29回 関東地区大学教育研究会案内
(大学教育学会関東支部研究会)


日時 2012年9月29日(土)12時30分より
会場 一橋大学 国立東キャンパス 第三研究館

参加費:500円 懇親会費:3,000円(予定)
(非会員の方もご参加いただけます)

【プログラム】
12:30 会員総会
13:00 自由研究発表(2名〜3名)
15:00 シンポジウム
18:00 懇親会

シンポジウム趣旨

 現在の大学には、1単位45時間の学修時間の保証、学生の問題発見・解決能力を育成できる授業開発、結果としての「学士力」「社会人基礎力」などが求められているが、それらはキャンパス内の机に向かった学習だけでは育成されないのではないか。それは、むしろキャンパス外でのボランティア活動、インターシップなど、これまで多くの場合に正課外とされてきた活動の中に可能性があるのではないか。45時間の学修はこれらを含んで、大学教育は実質的に学生の中で身体化するのではないか。このような問題意識から、キャンパス外での活動を広い意味で「ボランティア活動」と位置づけ、その現実的効用を考えたい。
 東日本大震災被災地での活動を経験した学生に、その活動が大学での学習とどのように繋がったか、大学での学習が現実に役に立っているか、特にどのような授業内容との結びつきを感じているかを報告してもらう。また、このような活動をプログラムし、学生を指導する立場の教員から、その狙いや結果、授業/学習との連続性、学生の成長などについて報告する。

自由研究発表募集

★発表申込締切:7月17日(火)★
発表申込は、 深野政之(一橋大学) fukano(アット)daigakushi.jp 宛てに;
@発表題目、A氏名、B所属、C連絡先、D概要(100字程度) をお知らせ下さい。テーマは自由ですが、発表者は研究会の会員に限りますので、非会員の方は入会手続もあわせてお願いします。入会金無料、年会費1000円。


*確定プログラムと参加申込方法については、8月中にご案内します。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地区大学教育研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

第28回関東地区大学教育研究会@桜美林大学四ツ谷キャンパス(9/23)

 関東地区大学教育研究会(大学教育学会関東支部)の第28回研究会が、9月23日(金・祝)に桜美林大学の四ツ谷キャンパスで開催されます。会員でない方の参加も歓迎です。



第28回 関東地区大学教育研究会

2011年9月23日(金・祝) 桜美林大学 四ツ谷キャンパス

12:30 受付
13:00〜13:20 会員総会

自由研究発表
13:20〜13:50 「AO入試受験者に見る国際化」
  出光 直樹 (横浜市立大学)

13:50〜14:20 「アメリカの大学の海外分校の動向」
  鳥井 康照 (桜美林大学)

14:20〜14:50 「大学の目指す国際理解教育とは―学生のアンケートより―」
  杉野 俊子 (工学院大学)


15:00〜17:45 シンポジウム「大学国際化の今」
 日本における大学の国際化の必要性が叫ばれて久しい。「国際」を冠した名称の新型学部も一時期次々に設立された。その後、文部科学省の国際化推進政策が実施され、海外から30万人の留学生の受け入れが目指されている。また、海外で活躍できる日本人を育成しようとする政府の動きも目立つ昨今である。そのような中にあって言われるのは、学生たちの内向き志向であり、海外留学の沈滞である。そこで今年のシンポジウムではこの大学国際化の現状を認識し、そこに見える問題とそれの大学にとっての意味を確認し、将来の方向性を探りたい。3名の提題者に現状報告をいただき、自由研究発表での考察などをも交えて、参加者全員で討議する。

「留学生への支援を通してキャンパスの国際化を考える」
  大島 弥生 (東京海洋大学)

「学生たちの国際化意識と留学生の動向・立教大学の場合」
  佐々木 ルリ子 (立教大学)

「国際基督教大学の国際交流プログラムについて―実情と課題―」
  山口 京子 (国際基督教大学)

 司会:佐々木 一也 (立教大学)

18:00〜19:30 懇親会


【参加申込先】 佐々木一也(立教大学) sasaki(アット)rikkyo.ac.jp
 なるべく9月17日(土)までに、(1)氏名 (2)所属 (3)懇親会への参加の有無を、お知らせ下さい。
 参加費500円・懇親会費3500円は、当日会場で申し受けます。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地区大学教育研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

<予告・発表者募集>関東地区大学教育研究会 第28回研究会

 関東地区大学教育研究会(大学教育学会関東支部)の第28回研究会が、9月23日(金・祝)に桜美林大学四ッ谷キャンパスで開催されます。現在、自由研究の発表者を募集しています。



シンポジウム 大学国際化の今
第28回 関東地区大学教育研究会案内
(大学教育学会関東支部研究会)


日時 2011年9月23日(金・祝)12時30分より
会場 桜美林大学四谷キャンパス

参加費:500円 懇親会費:2,500円(予定)
(非会員の方もご参加いただけます)

【プログラム】
12:30 会員総会
13:00 自由研究発表(2名〜3名)
15:00 シンポジウム
18:00 懇親会

シンポジウム趣旨

 日本における大学の国際化の必要性が叫ばれて久しい。「国際」を冠した名称の新型学部も一時期次々に設立された。その後、文部科学省の国際化推進政策が実施され、海外から30万人の留学生の受け入れが目指されている。また、海外で活躍できる日本人を育成しようとする政府の動きも目立つ昨今である。そのような中にあって言われるのは、学生たちの内向き志向であり、海外留学の沈滞である。そこで今年のシンポジウムではこの問題を取り上げる。2つのポイントに留意したい。

@外国人正規学生の受け入れの実態。メリットとデメリット。国際化の現実。
A派遣留学の実態。派遣率や留学目的の変化。学生の意識変化。

 以上の2点を軸に、3大学程度の実態報告を受けて、「大学国際化の今」と今後の方向性などについて議論を深めたい。
 報告は、東京海洋大学、国際基督教大学、立教大学、を予定している。


自由研究発表募集

★発表申込締切:7月20日(火)★
発表申込は、 佐々木一也(立教大学) sasaki(アット)rikkyo.ac.jp 宛てに;
@発表題目、A氏名、B所属、C連絡先、D概要(100字程度) をお知らせ下さい。テーマは自由ですが、発表者は研究会の会員に限りますので、非会員の方は入会手続もあわせてお願いします。入会金無料、年会費1000円。


*確定プログラムと参加申込方法については、8月中にご案内します。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地区大学教育研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

第27回関東地区大学教育研究会@横浜市立大学(10/2)

 関東地区大学教育研究会(大学教育学会関東支部)の第27回研究会を、10月2日(土)に横浜市立大学で開催いたします。会員でない方の参加も歓迎です。



第27回 関東地区大学教育研究会

2010年10月2日(土) 横浜市立大学 金沢八景キャンパス

13:00〜 受付 <ビデオホール>
13:30〜13:50 総会

14:00〜14:50 自由研究発表
「College Readiness − その現在的意義について」 菅野 憲司(千葉大学)
「大学教育における哲学・倫理学教育について」 坂井 昭宏(桜美林大学)

15:00〜17:30 シンポジウム 「共通教育のマネージメント」
 吉永 契一郎(東京農工大学)、奈良 雅之(目白大学)
 小林 勝法(文教大学)、その他事例紹介(2〜3大学)

18:00〜 懇親会 <シーガルセンター・生協食堂>

【参加申込先】 出光 直樹(横浜市立大学) naoki(アット)idemitsu.info
 なるべく9月25日(土)までに、(1)氏名 (2)所属 (3)懇親会への参加の有無を、お知らせ下さい。
 参加費500円・懇親会費2500円は、当日会場で申し受けます。

★プログラムの詳細・会場案内図は、こちらの案内(PDF)をご覧下さい。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地区大学教育研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

<予告・発表者募集>関東地区大学教育研究会 2010年度研究会

 関東地区大学教育研究会(大学教育学会関東支部)の2010年度研究会が、10月2日(土)に横浜市立大学で開催されます。現在、自由研究の発表者を募集しています。



関東地区大学教育研究会(大学教育学会関東支部)
〜第27回研究会・自由研究発表者募集のご案内〜


日時 平成22年10月2日(土)13時より
会場 横浜市立大学 金沢八景キャンパス(京浜急行線 金沢八景駅 徒歩4分)
参加費 1,000円(予定)

【プログラム】

13:00〜13:30 総会

13:30〜14:50 自由研究発表(3〜4件)
★発表申込締切:7月20日(火)★
発表申込は、 出光直樹(横浜市立大学) naoki(アット)idemitsu.info 宛てに;
@発表題目、A氏名、B所属、C連絡先、D概要(100字程度) をお知らせ下さい。テーマは自由ですが、発表者は研究会の会員に限りますので、非会員の方は入会手続もあわせてお願いします。


15:00〜17:30 シンポジウム 「共通教育のマネージメント」

 大学設置基準大綱化と共に、多くの大学で一般教育等の実施組織が弱体化し、教養教育の縮小や担当教員の偏りなど、様々な形で教養教育が打撃を受けました。それから15年経過し、社会的な環境変化もあり、高校から大学への転換教育、市民力教育の必要性が叫ばれ、教養教育の重要性がジェネリックスキルというような言説によって浸透しつつあります。2008年には中教審答申において、新たな学士課程教育の成果目標(例示)として「学士力」が提示されました。
 共通教育と呼称されるかつての一般教育等は、実施組織が解体し、「全学出動体制」で運営されることが多くなっています。とは言っても、中心的な役割は旧教養教育組織の教員が担っているのが実情です。しかし定年退職や定員削減等でこうした教員が減少し、安定的に共通教育を運営する仕組みを確立することが焦眉の課題になっています。
 また一方で、いまだに一般教育担当者と専門教育担当者の区分が残り、格差が固定化している例も少なくありません。とりわけ、小規模大学、単科大学では、全学運営が困難で、共通教育担当者の固定化がますます進んでいるという状況も生じています。
 今年度の研究会では、小規模大学、単科大学に焦点を当て、共通教育の実施においてどのような課題があるのか、「学士力」に例示されるような新たな教養教育を展開する上で、阻害する要因があるとすればそれは何か、マネージメントの面から考えてみたいと思います。

 発題者(予定)

 吉永契一郎氏(東京農工大学)
 奈良雅之氏(目白大学)
 小林勝法氏(文教大学)

 その他事例紹介(2〜3大学)


18:00〜 懇親会

*確定プログラムと参加申込方法については、8月中にご案内します。


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地区大学教育研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

大学間連携の「いま」と「これから」:関東地区大学教育研究会 2009年度研究会

 関東地区大学教育研究会(大学教育学会関東支部)の2009年度研究会が、千葉大学普遍教育センター戦略連携室との共催により、9月26日(土)千葉大学で開催されます。会員に関わらず、テーマに関心のある方であればどなたでも参加できます。



第26回関東地区大学教育研究会(大学教育学会関東支部)
千葉大学普遍教育センター戦略連携室
共同開催シンポジウム

大学間連携の「いま」と「これから」

【日時】 平成21年9月26日(土)13:30〜17:30

【場所】 千葉大学西千葉キャンパス (JR総武線西千葉駅・京成線みどり台駅)
     総合校舎A号館2階大会議室

【参加費】 無料

 昨年度から戦略的大学間連携事業が新規に開始され、文科省の積極的な支援のもとで大学間連携が新局面を迎えています。どちらかと言えば実体の希薄なこれまでの大学間連携から脱却し、特色を活かしたより実効性のある大学間連携が求められていると言えるのかもしれません。
 今回のシンポジウムでは、大学間連携の実例に則しながら、現時点での成果と課題を整理し、今後の大学間連携のあり方と可能性について考えたいと思います。

◆関東地区大学教育研究会 総会(13:00〜)

◆基調講演(13:30〜)
  FDに関わる大学間ネットワークの意義と課題
  大塚雄作氏(京都大学)

◆シンポジウム(14:45〜)

 @千葉大学の戦略的大学間連携について
  山田 賢 氏 (千葉大学)

 A大学コンソーシアム石川における戦略的連携事業について
  森祥 寛 氏 (金沢大学)

 Bf-Campusについて
  菅谷 寧 氏 (立教大学)

 Cアメリカ中西部の大学間連携について
  吉永 契一郎 氏 (東京農工大学)

◆懇親会(会費3,000円・学生2,000円)18:00より


【参加申込】
 件名として“9/26シンポジウム参加申込”と書き、本文に;
 ●氏名(ふりがな)
 ●所属
 ●懇親会への出欠
 を書いて下記にお送りください。

 千葉大学普遍教育センター fuhen-info(アット)office.chiba-u.jp


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地区大学教育研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

関東地区大学教育研究会 2008年度研究会

 私が幹事を務めている関東地区大学教育研究会(大学教育学会関東支部)の2008年度研究会が、9月27日(土)桜美林大学で開催されます。会員に関わらず、テーマに関心のある方であればどなたでも参加できます。




【日時】 2008年9月27日(土) 12時30分より

【会場】 桜美林大学 町田キャンパス 理化学館1階科学講義室

●総会 12:30〜13:00

●シンポジウム 13:00〜15:20

 いまだからこそリベラルアーツ −学士課程教育の構築に向けて−
   司会 佐藤 東洋士 (桜美林大学学長)

 「桜美林大学のリベラルアーツ学群」
   大道 卓 (桜美林大学リベラルアーツ学群長)

 「ICU のリベラルアーツ」
   日比谷 潤子 (国際基督教大学学務副学長)

 「21世紀型文理融合リベラルアーツについて」
   三浦 徹 (お茶ノ水女子大学副学長)

●自由研究 15:30〜17:30

   司会 坂井 昭宏 (桜美林大学)

 「大正大学におけるSD への取り組み(事務職員研修報告)」
   上田 忠憲 (大正大学教務部教育支援課)

 「大学生の口語表現能力を伸ばす教育」
   荒木 晶子、藤木 美奈子 (桜美林大学)

 「高校生は何を感じ取ったのか
   −桜美林大学ブリッジスクールでの講義を通じて−」
   鳥居 聖 (桜美林大学経理部)

(スクールバスで淵野辺駅前まで移動)

●懇親会 18:00〜
 桜美林大学PFC エクセルシオール (淵野辺駅前)

【参加申込】
 件名として“関東地区大学教育研究会参加申込”と書き、本文に;
 (1)氏名(ふりがな)
 (2)所属
 (3)連絡先
 (4)e-mail アドレス
 (5)懇親会参加の有無
 を書いて下記にお送りください

 桜美林大学リベラルアーツ学群
 秀島 武敏 hidesima(アット)obirin.ac.jp

 締切:年9月19日(金)

 *参加費(資料代)として500 円、懇親会費は2000円いただきます。


【追記:参加された方々のブログ記事】

uni/verse+ity、再考
 「関東地区大学教育研究会(大学教育学会関東支部)平成20年度研究会」

Sanno eラーニングかもしれないBlog
 「3大学でのリベラルアーツの取組」

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地区大学教育研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

関東地区大学教育研究会 2007年度研究会

 関東地区大学教育研究会(大学教育学会関東支部)の2007年度研究会が、9月29日(土)千葉工業大学・津田沼キャンパスで開催されます。会員に関わらず、テーマに関心のある方であればどなたでも参加できます。

【プログラム】

第1部 会員総会 12:30〜13:00

第2部 自由研究 13:05〜14:05

 13:05 発表1 菅野 憲司 (千葉大学)
 「大学教育の光と影−可能性としての進路説明と、限界としての分離分割入試−」

 13:25 発表2 鳥井 康照 (桜美林大学)
 「外国大学日本校:20年後の現実」

 13:45 発表3 森田 啓 (千葉工業大学)
 「スノーボードを用いた教養教育:大学体育批判をもとに」

第贈部 講演とシンポジウム 14:20〜17:30

 14:20 講演「なぜ Faculty Development か?」
  絹川 正吉 (前大学教育学会会長、前国際基督教大学学長)

 15:30 シンポジウム:「教育力開発のための組織的な取り組み −FDとJABEE−」

 報告 @ 多田隈 進 (千葉工業大学)
 報告 A 小笠原 正明 (東京農工大学)
 +話題提供 出光 直樹 (横浜市立大学)

終了後 懇親会を予定しています。 17:45〜19:15(予定)


 参加申込等詳細は、こちらをご覧下さい。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東地区大学教育研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

関東地区大学教育研究会@立教大学 11月12日(土)

 私が幹事をしている研究会の案内です。公式サイトの調子が悪いようですので、以下にお知らせを掲載します。会員に関わらず、関心のある方であればどなたでも参加できます。


2005年度関東地区大学教育研究会
(大学教育学会関東支部研究会)

総合テーマ 「GPAとは何か・その導入は何をもたらすか」

11月12日(土)13:00〜

立教大学池袋キャンパス 12号館地下第1・第2会議室
(JR池袋駅西口下車徒歩10分。正門前に案内表示が出ています。)

13:00 会員総会

13:30 個人研究発表1 「職員部局との連携による初年次向け授業」
            佐々木 一也(立教大学)

14:10 個人研究発表2 「米国におけるGPA制度について―その役割と信頼のカタチ」
            鳥居 聖(桜美林大学)

15:00 シンポジウム 「GPAとは何か・その導入は何をもたらすか」
      「GPA総論」 高村 麻実(桜美林大学)
      「千葉大学の成果と問題点」 山内 正平(千葉大学)
      「ICUの成果と問題点」 吉野 輝雄(国際基督教大学)

17:40 懇親会

●当日参加も歓迎しますが、参加希望者はなるべく事前に以下の要領で申し込みをしてください。

(1)必要記入項目:氏名・ご所属・連絡先・懇親会参加の有無
     (懇親会費は一人2000円です。当日にいただきます。)

(2)申し込み先:佐々木一也(立教大学) sasaki@rikkyo.ac.jp までお送り下さい。

にほんブログ村 教育ブログへ
posted by N.IDEMITSU at 08:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 関東地区大学教育研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする