2017年07月12日

FMICSの総括の日

FMICS(高等教育問題研究会)の会報 『BIG EGG』2017年7月号 掲載のエッセイです。

続きを読む
posted by N.IDEMITSU at 18:04 | TrackBack(0) | FMICS巻頭言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

<予告・発表者募集>関東地区大学教育研究会@千葉工業大学新習志野校舎(2017/9/9)

 関東地区大学教育研究会の第34回研究会を、9月9日(土)に千葉工業大学の新習志野校舎で開催します。現在、自由研究の発表者を募集しています。(先着順2件 →受付 終了)



第34回 関東地区大学教育研究会案内

日時 2017年9月9日(土)13時30分より
会場 千葉工業大学 新習志野校舎 8号館1階 8104教室

参加費:1,000円 懇親会費:4,000円(予定)
(非会員の方もご参加いただけます)

【プログラム】
13:30 会員総会

14:00 自由研究発表(2件)

15:00 シンポジウム 大学教育と障がい学生支援
  −ユニバーサル化する大学の挑戦−


18:00 懇親会

シンポジウム趣旨

 文科省の「障害のある学生の修学支援に関する検討会」は2016年4月にスタートし、2017年度内に、「第二次まとめ」が公表される予定です。2012年に開かれていた「障害のある学生の修学支援に関する検討会」での「第一次まとめ」や、その後の16年4月に「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」の施行によって、大学教育においても、障がいを理由とする不当な差別的取扱いの禁止や合理的配慮の提供が不可欠になっています。大学教育を含む学校教育における障がいを持つ学生への支援は、学内の教職員に限らず地域社会や医療機関との連携や協力体制が不可欠であり、様々な観点からの議論と対応が求められています。こうした学外の各種機関との連携・協力は、これまでの大学内支援部局の教職員だけでは難しい場合が多く、教職員全体への SD 活動が求められています。今回の研究会では、そうした幅広い立場や視点から、障がいを持つ学生への支援を議論する場にしたいと考えています。大学関係者のみならず、障がい者の支援や教育に関わる多くの方のご参加をお待ちしています。

自由研究発表募集

 発表申込は、@発表題目、A氏名、B所属、C連絡先、D概要(200 字程度)を、谷合 哲行(千葉工業大学)
drtaniai(アット)mx3.ttcn.ne.jp 宛てにお知らせ下さい。
 テーマは自由ですが、発表者は研究会の会員に限りますので、非会員の方は入会手続もあわせてお願いします。先着順で2件まで受け付けます。

※確定プログラムと参加申込方法については、8月中にご案内します。



【関東地区大学教育研究会・入会案内】

 入会金無料で年会費1000円です。入会希望の方は、氏名・所属・e-mail を、出光 直樹(担当幹事) naoki(アット)idemitsu.info までお知らせください。

 当研究会は、昭和59(1984)年に「千葉地区大学一般教育研究会」として千葉県内の20を超える大学が集まり、一般教育を中心に大学教育のさまざまな問題点を検討し、改善の方向を模索しながら活動を積み重ねてきました。
 平成9(1997)年より、従前の団体会員のみの制度から団体会員と個人会員の二本立ての会員制度に改めるとともに、「関東地区大学教育研究会」と改称して地域を広げて関東地区の皆さま(それ以外の地域からでも構いません)にも広く加入をお誘いしています。
 近年は、研究集会(通例9月末〜10月上旬)の開催とその内容を収録した報告書の刊行を中心に活動を行っております。

<2017年4月現在、団体会員10校、個人会員51名>

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by N.IDEMITSU at 17:24 | TrackBack(0) | 関東地区大学教育研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さようなら理科館!お別れ会

FMICS(高等教育問題研究会)の会報 『BIG EGG』2017年6月号 掲載のエッセイです。

続きを読む
posted by N.IDEMITSU at 15:33 | TrackBack(0) | FMICS巻頭言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする